「逃げ遅れた」伴走者とは

本書は、2021年1月の出版ですが、新刊の棚にありまして、著者のお名前で、手にりました。

奥田知志さん。

その活躍ぶりは、ネットでよく目にする。

牧師さん。祖父は、神社の神主さんらしい。

手にとって、ページを開いて、よかったと思う・・・

いい本です。

いたるところに、刺さる言葉が散りばめられているんだなあ。

この歳で、目頭があつくなったり、鼓動が早くなったりするなんて。

いや、歳をとって、涙もろくなったような気もするし。

とにかく、多くの人に読んでもらいたいと、素直に思う。

困窮者が、助けてと言えない四つの理由という項があります。

誰にとっても大事なことのような気がします。部分的に引用します。

第一に「知らない」ということ。

第二に「孤立」がある。

第三に「常態化した自己責任論」がある。

第四に「生きようと思えない」こと。

もう、この部分だけでも、途方にくれてしまいそうになる・・。

どうしたら、いいんだろう。

そういえば、私がテレビのディレクターをやめたのも、「自己責任論」の大合唱があった・・。

マスコミの役割に、疑問があった・・。ような思いだった。

・・話がそれたので、もどします。ごめんなさい。

別な章には、中村哲さんとのこともあった。

そういう意味では、読んでおきたい情報満載の本書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。