すごすぎ天気の図鑑

正確には、タイトルは、「すごすぎる天気の図鑑」です。

どうも、~すぎるって、言い回し、どうにもこうにも馴染めません。

だって、「過ぎたるは及ばざるが如し」っていうでしょう。

だとしたら、すごすぎる場合は、すごい段階に及ばないってことなんじゃないかって、そう感じちゃうのです。

ま、いいでしょう。

タイトルですから。

この本、出だしが面白いのです。

「雲」から入るんです。

面白いでしょう。

まあ、空を見上げると、まず目に入るのが青空。さもなくば、雲ですもんね。

それにしても、雲の種類って、すごくあるんです。

雲の分類一覧ってのがありますが、なんと100以上。

これだけでも、すごすぎる・・

とにかく、見やすい本です。

しかも、全部ルビがふってあります。

文字は、小さくなりますが、それは仕方ないでしょう。

でも、小学生低学年から、いえ、未就学児だって楽しめそう。

これを持って、外に出たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。