みーつけた!若冲の絵本って

これは、面白い絵本・・です。

絵本っていっていいのでしょう。

まるで、図鑑のようでいてそうではない、そんなにしかめっ面じゃなくて、間口の広い、図鑑。いえ。

絵本。

ちょっと表紙をみてください。

きれいでしょ。

ページを繰っていくと、若冲の作品を、分解してあるんです。

鳥や昆虫、魚・・

にぎやかなのは、ニワトリたち。

海の中のタコだって、あかちゃんも描かれていたんですね。

こんなに精密に描かれていたんですね。

さらに。

貝甲図(ばいこうず)

この作品の中には、146種類もの貝が描かれているとか。

数えた人がいるんですね。

それも、驚き。

若冲って、いつだったか特別展で目にしたことがありましたが、こんなふうに絵本として分析されると、あらためて驚きます。

遊び心というのとは、違うようです。

最後のページにある若冲についての解説も、面白い。

ぜひ、博物的絵本として、手にとってみては。

・・・

ところで、この小学館のあーとぶっくのシリーズ。

若冲が16冊目とあるようですあ、他にはどんなラインナップなんでしょう。

それも気になりますね。

https://www.shogakukan.co.jp/books/series/B10008

ちょっと、検索してみたら、このシリーズには

ゴーギャンJ、スーラ、マティス、ルノワール、北斎、広重・・ととても興味深いものがならんでいます。

ちょっと、探してみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。