キング三部作久々に長編にどっぷり

スティーブン・キングといえば、「キャリー」、「シャイニング」いえいえ、「スタンバイミー」

映画大好きでした。

原作も、最近はとんとご無沙汰でしたが、20年前ぐらいでしょうか、好きでした。

それが、そんなわけで、この図書館で借りた本のブログ、ずっとおやすみ状態ということでした。

図書館の外国文学のところで、つい、上下巻の一巻を手にとって、読み始めちゃったのです。

まずは、後で知ったのですが、三部作の2番め、「ファインダーズ・キーパーズ

これが、面白いんです。

ちょっと、スタンバイミー的な少年のお話から始まるのです。

少年トランクを見つけるんですが、そこには、大金とある作家の未発表の作品が記された大量のノートが入っていたということなんです。

とうぜん、それを隠した人間がいるわけで、そこからスリルとサスペンスが始まるというわけです。

かなりの恐怖もね。

で、これが終わってから、やはり、三部作シリーズの最初。

ミスター・メルセデス」の上巻に入りました。

もう、こうなると、探偵ものに、キング独自の不気味さが加味されてくるわけです。

ということで、発端がわかってくるわけです。

現在は、三部作のみっつめに入っています。

任務の終わり

ちょっとばかり、疲れてきました・・

ということで、今回は、ネタバレになりそうなので、こんなところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。