ブッ飛びキャンプ雑学・・

本書のタイトル、さらに続きます。

「あ、やっちまった」の傾向と対策

ここまであります。

私の世代・・、いえ、私の場合、この傾向と対策って言葉の連なりは、とっても思い出深いものがあります。

それはともかく、キャンプに行き初めの頃は、

「あ、やっちまった」

ということの連続でした。

キャンプ場に着いて、テントをたて、さて火をおこすかってところで、炭火の火起こし兼七輪を忘れたことに気づいたり、寝具の敷物を忘れたり、もう、書き起こすときりがありません。

この本には、もっともっとありえないようなことも事例としてあがっています。

いきなり、第1章の最初には・・

山道を走行中にクルマが横転・・

なんてのがあります。

そういえば、信州の山の中の林道の入口あたりで、道端・・なぜ道端に?・・の穴に入ってしまい、スタックしてしまったことがありました。

そこは、携帯電波も届かず、レスキューを呼べない・・

じつに、通りがかったのが、同じパジェロミニに乗っていた二人の男性。

なんとか、脱出することができました。

そう・・

何があるか、予想もつかないのです。

本書には、さまざまな出来事についての対策が掲載されています。

その数・・・目次によると、116

これだけあれば、なんとかなりそうですね。

これからキャンプに目覚めようとしている方、必読? かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。