伝記を読もう新美南吉

図書館の新刊図書のコーナーで見つけました。でも・・・

児童用の本ですね。

そういうわけで、借りだすのをためらってしまいます。

おおいそぎで紹介しましょう。

伝記の主は、誰もが知っている作家。

そうです。あの「ごん狐」の作者です。

じつは、このタイトル、本来は、「権狐」

だったようです。

このあたりのてんまつは、本書に詳しく載っています。

ちょっとだけ紹介しますと、漢字から平仮名になおしたのは、鈴木三重吉だったようですね。

いかがでしょうか。

素敵な写真ですね。

文章も、読みやすくて、ついでに文字の大きさも、高齢者のわたしには、いい具合です。

それにていも、せんだんは双葉より芳しというにふさわしい方なんですね。

もういちど、ごんぎつねを読みたくなりました。

じつは、このお話、動画にもなっています。

それは、デイジー図書のサンプルとしてあるのです。

こちらです。

デイジー図書を説明するときに、いつも使わせていただいております。

誰もが知っている素材です。その意味で、説明を最小限にできます。

ほんとうに、助かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。