先生だじゃれ?お味噌知る。

ずいぶんと以前ですが、テレビ朝日の番組で、お世話になった土井善晴さんとお嬢さんの共作本です。

じつは、それよりずっと以前のこと、お父上の土井勝さんにも、番組に出ていただいたことがあります。

土井勝先生。知る人ぞ知る、短距離走の選手で、幻のオリンピック選手とも言われています。

1964年の東京オリンピックの前、戦争中に中止になったのですが、幻の東京オリンピックというのがありました。

その前年だったか、神宮大会で100m走で優勝したことがあったらしいのです。

したがって、幻がほんとうに開催されていたら、当然ですが、オリンピックに出場されていたということです。

そのためか、晩年もマスターズ陸上の重鎮だったのです。そこで、世界ベテランズ陸上大会が宮崎県で開催されたときに、競技場でインタビューさせていただいたのです。

当時は、車いすでした。

・・閑話休題。

話を戻さなきゃ。

いかがですか。

装丁がおしゃれですね。

MISOとロゴマーク風にありますね。

土井善晴先生、一汁一菜でしたっけ、とにかく、具沢山の味噌汁があれば、というような文章を読んだ記憶があります。

暮しの手帖だったか、キャペツとトマトの味噌汁ってのも、紹介されていたので、つくったことがあります。

最初に、キャベツを炒めることでコクがでます。

今回の、本書にも、あります。

これは、家庭料理の基本の一冊といえそうです。

タイトルは、味噌汁ではなく、味噌知る。です。

だから、後半にはさまざまな味噌料理が並んでいます。

もちろん、味噌汁は、数え切れないほどたくさんあります。

おすすめの一品は、面倒な日曜日の朝にもってこいの、味噌雑炊。

わたしも、よくやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。