強烈なタッグ井上ひさしvs赤塚不二夫の笑劇場

このコーナーでは、なるべく図書館の新刊書の棚から、借りた本をご紹介していますが、ちょっと古めの本です。

衝撃的な笑劇場です。

正式タイトルは井上ひさしx赤塚不二夫の笑劇場

いってみれば、お芝居の台本です。

短めですが、すごいインパクト。

ところどころ、赤塚不二夫画伯の漫画が挿入されています。

これだけだったら、ここにご紹介するまでもないかと思ったのですが、

じつは。

あとがき的にある巻末の文章が面白いのです。

これは、おそらく『実話』でしょう。きっと、そうに違いありません。

場所は、お茶の水のN大病院。

登場人物は、井上ひさし。そしていきなり、ネグリジェ姿の赤塚不二夫。

名前だけですが、タモリも。

これは、ぜひ、お読みください。必読です。

おそらく、どこかにあるかもしれない世界でお二人、愉快に遊んでいるのにちがいありません。

これは、あの世があれば、確実にいえることでしょう。

ところで、この巻末の文で初めて知ったのですが、『ひみつのアッコちゃん』の主題歌、井上さんの作詞なんですね。

ちょっとだけ引用しますと

「少女のみなさんのための秋田おばこみたいなものを書きました」といって歌詞を持って行くと、「わけのわからないところが、おもしろいよね」と喜んでいた‥‥と、まあ、そんなわけで、ひところは赤塚さんと月に一度は会っていたのである。

こんなつながりがあったのですね。

いやあ、面白い。

ほかにも抱腹絶倒エピソードがいっぱい。

巻末文だけで、大笑いしちゃいました。

楽天は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バーゲン本】井上ひさし×赤塚不二夫の笑劇場 [ 井上 ひさし 他 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2021/12/15時点)

楽天で購入

 

あれ?

価格がちがいます・・・

楽天ブックス50%オフとなっています。

こんなことあるんですね。お買い得かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。